ホーム > 宇都宮ニュース > ローレンス・クラウス(宇宙物理学者)の世界 空...            

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

検索
2015.10.05
ローレンス・クラウス(宇宙物理学者)の世界 空海の風景
B.C1600年頃、インドに進入し先住民族を征服したアーリア人が考え出した密教。思索的な何人かによって出来上がっている。大日経・大日如来は宇宙神で釈迦の仏教のように実在しない。おそらく、人類がもった虚構のなかで、大日如来ほど思想的に完璧なものはない。大日如来は無限なる宇宙の全てであるとともに、宇宙に存在するすべてのものに内在しているとかれている。知恵と慈悲の2大要素でできあがっている。(司馬遼太郎 空海の風景)
ふと、空海が弥勒菩薩とともにこの世に現れる56億7千万年後をおもってみる。宇宙物理学者のローレンス・クラウスによると2兆年後には銀河系以外は全てが見えなくなる。しかし、宇宙は無から生じた。刺激的なことばだ。
2015.10.05
検索
前月 2024年7月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
                   
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング
宇都宮ニュースアーカイブ