ホーム > 宇都宮ニュース > 田淵節也・・・私の履歴書            

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

検索
2007.11.05
田淵節也・・・私の履歴書
DSC_0744.jpg      DSC_0847.jpg
  撮影:宇都宮徳治(箱根:芦ノ湖)
      
―『宇都宮さん、栄転おめでとう。今度本社勤めなんだってね。エリートが行くM&Aの部隊。おめでとう』 当時私がいた証券会社の都内支店の顧客Hさん。総会屋というか任侠道の方。昭和63年、バブル絶頂期の事でした。
私は転勤の為、受け渡し、未清算を早めに処理しようと、相場(後場)の引ける午後1時過ぎに、Y支店長から内示を聞き、3時過ぎにHさん宅に受け渡しに行くと、以上の様なお祝いの言葉。
Hさんは私がいた証券会社の有名なK広報室長のところにも時々顔を出していたので、私の転勤を、Y支店長と同時に知っていた。
―『宇都宮さん、俺の担当者はみんな大出世する。田淵節也はかあちゃんの名前が四方子。今じゃ大野村の社長、会長。』とHさん。
Hさんは、当時、田淵節也氏(元野村證券会長)が野村証券渋谷支店長の時、支店担当者の顧客で、田淵さんの信奉者であった。田淵節也氏が本社勤務になり出世街道を駆け上がると、Hさんが野村本社に出向いても会えなくなったとの事。しかし若かりし頃の田淵節也さんのエピソードは耳にたこが出来るぐらい聞かされました。
私のオヤジも生きていれば、田淵節也氏と同い年。私はちょうど10年前の金融破綻を契機に証券会社、証券業界を離れましたが、証券界で一番好きな人と聞かれれば文句なしに「おお田淵」「田淵節也氏」です。
折に触れ、いま現役で金融の役員をされている人の田淵節也評も書きます。
日経新聞に掲載の私の履歴書が待ち通しく、早朝、新聞受けに行く楽しみが当分続きそうです。
%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg     りんどうの花言葉:「正義と共に勝利を確信する」「気遣う心」     
                   創徳企業情報 代表取締役社長 宇都宮徳治
検索
前月 2024年6月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
                   
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング
宇都宮ニュースアーカイブ