ホーム > 宇都宮ニュース > 一流のM&Aマン(交渉人、仲介人)になるため...            

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

検索
2007.08.01
一流のM&Aマン(交渉人、仲介人)になるために必要な事
まず2つの素質が必要です。ひとつはずば抜けた交渉力。
そして、もうひとつはずば抜けた分析能力。神は2物を与えないものです。

日本のロケット開発の父、糸川英夫さんが組織論の本の中で言っております。
当時ロケット開発のため全国の企業、大学から優秀な技術者を集め開発をスタート。
一過言持つ研究者同士を一緒にするよりも、相性のいい一流の物理屋さんと一流の科学屋さんをペアリングしたところ、数段成果がでたとの事。
要は一流の研究者をただ集めても、どう組織立てるかが最大のポイント。
一流同士でも補完し、補えるペアリングシステム(最小単位の組織)が最大の成果
を生み出したとの事。
証券会社でM&A担当の時の私が達した結論です。弊社も今後もインターシップか
らメンバー(創徳では正社員、従業員とは一切いいません)採用をどんどんしますが、交渉に向いているのか、分析に向いているのか、その2つの資質を早めに私自身が見極めてやる事が寛容と考えております。

%E9%AB%99%E5%B3%B6%E5%B1%8B00999.jpg
日本橋高島屋、社長室から見た風景
創徳企業情報 宇都宮徳治
検索
前月 2024年7月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
                   
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング
宇都宮ニュースアーカイブ