ホーム > 宇都宮ニュース > 山本貞 作家と文章            

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

検索
2015.12.09
山本貞 作家と文章
山本貞さんが書いたエッセイ「無言歌」 岡鹿之助の葬式に出られた時のことを書かれている。一流の画家は一流の文章表現者でもある。「あぁ、こんな心で岡鹿之助を観ていたのか」と
若かりし頃、15,16歳の頃の山本貞少年が、父親が岡鹿之と親交があり自宅に訪ねた様子が、少年のきれいな目を通して描かれている。
2015.12.9
検索
前月 2024年5月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
                   
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング
宇都宮ニュースアーカイブ