ホーム > 宇都宮ニュース > これからの経済            

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

検索
2009.06.12
これからの経済
200906121.jpg   200906122.jpg
日経平均株価も1万円大台を目前に景気の底打ち観も出てきた。
長谷川慶太郎著「大上昇気流に乗る10の至言」、「日本は掃き溜めの鶴になる」は景気判断、世界情勢を判断する上で参考となる本。特に前著は過去にエコノミストとして長谷川氏が指摘した本の中から、現在そのような状況の部分をまとめた物です。
企画としても面白いが、長谷川氏の国際政治感覚は僕は評価します。
以前、10年ほど前、創徳企業情報創業時の事。三菱商事を早めにやめ海外ファンドの経営で、特にアジア地区で活躍していたTさん。そこの投資家でもあった長谷川氏は今日の北朝鮮問題が大きく取上げられる前に、北朝鮮に独自ルートで取材を勢力的にされていた。現場主義の長谷川慶太郎氏の様子をT社長から聞き感心しました。
政治、経済のエコノミストとはいつも評価は分かれますが、長谷川氏は一言で言うと、現場主義の目をもったエコノミストだから、これだけ長く一線で活躍できているのだと思います。
%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg     りんどうの花言葉:「正義と共に勝利を確信する」「気遣う心」     
                   創徳企業情報 代表取締役社長 宇都宮徳治
検索
前月 2024年5月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
                   
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング
宇都宮ニュースアーカイブ