ホーム > 宇都宮ニュース > だいこん            

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

検索
2009.01.21
だいこん
          200901211.jpg
愛読雑誌「マーザーフードマガジン3月号」は「だいこん」特集です。この雑誌の企画は食材の歴史もわかり大好きです。
だいこんの歴史はそのまま日本の米の歴史であり「だいこん」は「米(こめ)」とともに出世したそうです。江戸時代はいろいろな食材の品種改良の時代であり、当時玄米食から精米して白米(はくまい)食にしたため、ビタミン不足からかっけが流行。そのためビタミン類の多い米糠に品種改良された「だいこん」を沢庵漬けにし貯蔵性を高め、ビタミンも補給できたとの事です。
いろいろな食材は文化とともに日本に持ち込まれますが、日本人はどんな食材も品種改良してしまう。技術立国としての日本、日本人の特徴は昔から食材の品種改良にもおよんでいる。農業の仕組みをかえれば日本の農業は間違いなく明るい展望が開けます。
%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg     りんどうの花言葉:「正義と共に勝利を確信する」「気遣う心」     
                   創徳企業情報 代表取締役社長 宇都宮徳治
検索
前月 2024年5月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
                   
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング
宇都宮ニュースアーカイブ