ホーム > 壺中対談 > 兵庫県立美術館へ行ってきた(1)            

壺中対談Interview

検索
2024.05.16
兵庫県立美術館へ行ってきた(1)

昨日、神戸市の兵庫県立美術館で「スーラージュと森田子龍」展を見てきた。

今まで本や雑誌などでしか見た事がなかった森田子龍の大傑作「風」を初めて見ることできた。「風」を見る為に神戸まで足を運んだと言っても過言ではない程の大傑作であり、大好きな作品である。

その第一印象が、こんなに小さい作品だったのかというものであった。

普通印刷物からその作品のスケール感まで感じることは難しく、実物に接して初めてこんな大きな作品だったのかと思う事がほとんどであるが、「風」は簡単に大きく僕の想像を裏切ってくれた。速水御舟の「炎舞」を初めて見た時と同じ感覚を味わった。

本や雑誌に載る小さなサイズでも、その気宇壮大さを感じさせる事ができる作品。ただただ見惚れるばかりであった。

 

菊山武士

 

検索
前月 2024年6月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
                   
月別アーカイブ
壺中対談ランキング