ホーム > 壺中対談 > 菊山武士(つよし)書『解放される立』            

壺中対談Interview

検索
2023.12.06
菊山武士(つよし)書『解放される立』

『解放される立』について

『立』という字は、『大』と『一』の組み合わせでできている字で、『大』は手足を広げて立つ人を正面から見た形であり、『一』はその立つところの位置を示すものであるとされています。
その『立』一字の書作品を制作していた最終盤で、墨量が足りず(一字書の制作には大きめの筆を使っていたので、大量の墨が必要となる。)、小さめの筆に持ち替え『立』の多字数作品を書かざるを得なくなったというのがこの作品の背景にあります。
『書』は、『卒意(制作意図や目的を持たず、心のままに作り上げること。)』を大切にするとは言いますが、なかなか書けるものではありません。この作品は、『卒意の書』とまでは到底言えないのですが、意図や目的を持たない行き当たりばったりの本当に最後まで書き上げることできるかどうか(残された墨量が少なかったので)という代物であったことは間違いありません。
書は、書いた文字や語句・詩や歌などの題がそのまま書のタイトルとなることが多いのですが、この作品の制作後「手足を広げて立つ人」が「その立つところの位置」から動き出し・走り出しているように感じられたことから、この作品のタイトルを『解放される立』としました。(菊山武士)

解放される立135×105 

第25回産経国際書展

文部科学大臣賞授賞作品

////////////////////////////

同志社大学経済学部卒業

南京師範大学大学院美術学部書道専攻修士課程修了
南京大学 外語部講師 (1996-1999)
産経国際書会 理事

受賞:
2006年 文化庁所管 公益信託 國井誠海書奨励基金 第9回誠海賞
2008年 第25回産経国際書展 文部科学大臣賞
2010年 第27回産経国際書展 産経国際書会会長賞
2011年 第6回手島右卿賞
その他多数

編著:
1997年 歴代書法名家草書集字叢帖 (天津人民美術出版社)
2001年 日本古代書法経典 (天津人民美術出版社)

検索
前月 2024年6月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
                   
月別アーカイブ
壺中対談ランキング